さくらVPSサーバー初期設定 – PHPのインストール

2017-11-04 12:00
WEB

参考URL

PHPをインストールする

EPELレポジトリを追加する
# yum install epel-release
  • さくらVPSでは設定済みなので、今回はやらない。
remiレポジトリを追加する
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
Usage: rpm [OPTION...]
Install/Upgrade/Erase options:
  -h, --hash                       print hash marks as package installs (good with -v)
  -U, --upgrade=<packagefile>+     upgrade package(s)

Common options for all rpm modes and executables:
  -v, --verbose                    provide more detailed output

remiレポジトリのURL記述場所の説明画像

PHP本体と拡張パッケージをインストールする
# yum --enablerepo=remi,remi-php71 install php php-devel php-mbstring php-mysqlnd php-pdo php-gd
Usage: yum [options] COMMAND
Options:
  --enablerepo=[repo]   enable one or more repositories (wildcards allowed)
  • remiとremi-php71レポジトリを有効化した上で、複数のパッケージを一気にインストールする
  • インストール可能なパッケージの一覧は yum list で見られる
    • grepをパイプで渡すと絞りこめる
# yum --enablerepo=remi,remi-php71 list | grep php
  • yum installコマンドでインストールしたパッケージは以下。
php.x86_64                                7.1.11-1.el7.remi              @remi-php71
php-devel.x86_64                          7.1.11-1.el7.remi              @remi-php71
php-mbstring.x86_64                       7.1.11-1.el7.remi              @remi-php71
php-mysqlnd.x86_64                        7.1.11-1.el7.remi              @remi-php71
php-pdo.x86_64                            7.1.11-1.el7.remi              @remi-php71
php-gd.x86_64                             7.1.11-1.el7.remi              @remi-php71
  • apacheを再起動して適用
# systemctl restart httpd
PHPのバージョンを確認する
# php --version
PHP 7.1.11 (cli) (built: Oct 25 2017 10:24:28) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

オプション:PHPの設定ファイル(php.ini)を編集してファイルアップロードの上限サイズを引き上げる

# vi /etc/php.ini
post_max_size = 8M →任意のサイズへ(例:128M)
upload_max_filesize = 2M →任意のサイズへ(例:128M)
  • .htaccessで部分的に書き換えることもできるので、今回はやらない。