Sublime Text 3 の設定(2/3) – Key Bindings [for Mac]

Sublime Text 3 の設定エントリー一覧

  1. Package Control
  2. Key Bindings
  3. Settings

Key Bindings とは

Key Bindings – Sublime Text 3 Documentation

https://www.sublimetext.com/docs/3/key_bindings.html

  • ショートカットキーの割当設定
  • JSON形式のファイルで管理されており、自分の好きなように設定を上書きすることができる
  • 初期状態ではデフォルトのファイルは編集できないが、後述の事前準備手順を行うことで編集可能になる
    • コメントアウトして設定自体を無効化したいときに利用する
  • 設定ファイル上の「super」は「cmd」に該当

設定画面の開き方

  • ツールバー>Sublime Text>Preferences>Key Bindings
  • Package Control>「Prefereces: Key Bindings」を検索

事前準備

デフォルト設定ファイルを編集可能にする

格納場所の準備
  1. Finderを開く
  2. cmd+shift+Gで下記ディレクトリへ移動
    • ~/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/
  3. 直下にDefaultディレクトリを作成
設定ファイルの複製&保存
  1. SublimeTextを開く
  2. Key Bindingsを開く
  3. cmd+shift+Sで先程作ったディレクトリへ保存
    • cmd+shift+Gで下記入力して移動する
      • ~/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Default
    • ファイル名は Default (OSX).sublime-keymap

デフォルト設定ファイルを編集する

Key Bindingsを開いたときに左側にでる「Defaults」のほうを編集する。

Google日本語入力

全角カナ変換(F7)
{ "keys": ["f7"], "command": "build" },
  • 該当機能:ビルド実行
  • 代用キー:cmd+B
カナ無変換(control+K)
{ "keys": ["ctrl+k"], "command": "run_macro_file", "args": {"file": "res://Packages/Default/Delete to Hard EOL.sublime-macro"} },
  • 該当機能:カーソル位置から行末までを一気に削除
  • 代用キー:cmd+fn+delete
日本語変換候補選択(Tabキー)
{ "keys": ["tab"], "command": "insert_best_completion", "args": {"default": "t", "exact": true} },
{ "keys": ["tab"], "command": "insert_best_completion", "args": {"default": "t", "exact": false},
	"context":
	[
		{ "key": "setting.tab_completion", "operator": "equal", "operand": true },
		{ "key": "preceding_text", "operator": "not_regex_match", "operand": ".*\b[0-9]+$", "match_all": true },
	]
}
  • 該当機能:コード補完
  • 代用キー:なし
    • 補完候補の選択は 上下キー または control+space で可能。
    • 後者はOS側でSpotlight検索に割当てている可能性あり。

日本語テキストの検索・置換

// Find panel key bindings
{ "keys": ["enter"], "command": "find_next", "context":
	[{"key": "panel", "operand": "find"}, {"key": "panel_has_focus"}]
},
// Replace panel key bindings
{ "keys": ["enter"], "command": "find_next", "context":
	[{"key": "panel", "operand": "replace"}, {"key": "panel_has_focus"}]
},
// Incremental find panel key bindings
{ "keys": ["enter"], "command": "hide_panel", "context":
	[{"key": "panel", "operand": "incremental_find"}, {"key": "panel_has_focus"}]
},

ユーザー定義ファイルを編集する

Key Bindingsを開いたときに右側にでる「Users」のほうを編集(追記)する。

ConvertToUTF8がcmd+shift+CでGBKにセットしちゃうのを防ぐ

{ "keys": ["shift+super+c"], "command": "null" }

Reindentのショートカット設定

  • cmd+shift+Rでインデント整形できるようにする。
{ "keys": ["super+shift+r"], "command": "reindent" , "args": { "single_line": false } }

Comments

  • スパム対策のため、コメント本文にURLが含まれている場合は「承認待ち」となり、すぐに投稿が反映されません。ご了承ください。
  • 公序良俗に反する内容、個人が特定できる情報、スパム投稿と思われるコメント等については、予告なく編集・削除する場合があります。